栄町ヤマト薬局 - 2017/06/17

漢方薬局の日常の出来事




2017年06月17日(Sat)▲ページの先頭へ
 赤穂第二弾
 赤穂第二弾。
 昨日赤穂について書いたら、偶然赤穂から漢方の相談に御夫婦がやって来た。僕だと1時間くらいかかるが、慣れた人ならもう少し早く来れるかもしれない。今日で3回目だから、相談が終わったところで雑談タイムだ。
 僕が赤穂が好きな理由のほとんどは、ハーモニーホールと言う立派な文化施設があるからだ。奥さんもその施設はありがたいと言っていた。小都市でも結構有名なアーチストがやってくるから市民の評価も高いのだろう。ただその奥さんは、赤穂は食べるものがまずいと言っていた。確かに僕も、かの国の女性たちを連れて行っても昼食には苦労した。ただ、僕の苦労とその女性の苦労は質が違う。奥さんは話によると神戸で育って赤穂に嫁いだ人だ。だから舌はあくまで神戸だ。そもそも基準が高すぎる。あれだけの大都会だと、超有名店がひしめくだろうから、体重別の試合でもしなければ勝負は最初から決まっている。腕に自信がある料理人は人口密集地に出るだろう。その選択肢がない料理人が小都市で開業する。腕も店構えも当然劣る。ところが僕の場合、そもそもの基準が極端に低いから、そう牛窓基準だから、美味しいかどうかはさほど問題にならない。ただ入りやすくて出やすければいいのだ。清潔であればいい。無防備に入っていけれる店が少なかったような気がする。 
 そんな都会育ちの奥さんでも、最近は東のほうには行きたくないと言っていた。「ごちゃごちゃ」と言う表現を使って、大都市神戸を表現した。赤穂の人間になったと言っていたが、そうなると嘗て、「ちょっと用事で神戸まで行ってくるわ」レベルのことが億劫になるらしい。
 その代わりかどうかしらないが、最近は岡山県、特に倉敷にはまっているらしい。もう何度もご主人と訪れたらしい。あの落ち着いた町並みが好きらしい。そこで僕がこの日曜日に訪れた尾道の印象を話した。倉敷の風情が好きだったら、まず尾道も気に入る。同じように落ち着いた町だし、風情を楽しめる範囲が倉敷よりも広い。じっくり楽しもうと思えば2時間では足りない。奥さんは最初から興味深く聞いていたが、途中からご主人のほうも興味を持ったのか、所要時間などを尋ねられた。
 僕が訪れたらいいところを紹介するなんて10年前までなら考えられないことだ。漢方薬の勉強会のために色んな開催地を訪れたが、勉強が終わればすぐ新幹線に乗って帰っていた。勉強以外のことがまるでもったいないことのように思えていた。ところが今になって初めて理解できたのだ。そのもったいないようなことは営利活動には全く寄与しないが、人として生きるうえで必要な精神状態を整えてくれるってことを。そのことにもっと早く気が付けばよかった。もったいない。


   


漢方薬を初め天然素材の薬を用いて、さまざまな慢性疾患の回復をお手伝いします。
お店のホームページ
お問い合わせフォーム

☆★汗・臭いの気になる方はコチラ★☆

☆★ FAXで漢方相談 ★☆
※漢方のご相談は「漢方相談FAX用紙」を印刷し、ファックスもしくは郵送でヤマト薬局までお送りください。

新着エントリ
神輿 (10/21)
授業 (10/20)
性善説 (10/19)
勉強会 (10/18)
喪失感 (10/17)
(10/16)
動機付け (10/15)
揶揄 (10/14)
保身 (10/13)
視点 (10/12)

新着トラックバック/コメント
治療効果 (04:03)
9880円 (10/20)
写真 (10/11)
高松 (10/11)
後姿 (10/11)
ベース (10/10)
平穏 (10/10)
笑い声 (10/9)
年下 (10/9)

■店舗名■
有限会社 栄町ヤマト薬局

■住所■
〒701-4302
岡山県瀬戸内市 牛窓町牛窓4808-3

■連絡先■
[TEL] 0869-34-5466
[FAX] 0869-34-6017
[E-mail] ご相談はこちら
[URL]

カレンダ
2017年6月
       
17
 

アーカイブ
2006年 (266)
4月 (25)
5月 (29)
6月 (31)
7月 (30)
8月 (31)
9月 (29)
10月 (31)
11月 (30)
12月 (30)
2007年 (354)
1月 (31)
2月 (28)
3月 (30)
4月 (31)
5月 (30)
6月 (30)
7月 (31)
8月 (31)
9月 (30)
10月 (22)
11月 (29)
12月 (31)
2008年 (366)
1月 (31)
2月 (29)
3月 (31)
4月 (30)
5月 (31)
6月 (30)
7月 (31)
8月 (31)
9月 (30)
10月 (31)
11月 (30)
12月 (31)
2009年 (364)
1月 (31)
2月 (28)
3月 (31)
4月 (30)
5月 (31)
6月 (30)
7月 (31)
8月 (31)
9月 (30)
10月 (31)
11月 (29)
12月 (31)
2010年 (364)
1月 (31)
2月 (28)
3月 (31)
4月 (30)
5月 (31)
6月 (30)
7月 (31)
8月 (31)
9月 (30)
10月 (30)
11月 (30)
12月 (31)
2011年 (364)
1月 (31)
2月 (28)
3月 (31)
4月 (30)
5月 (31)
6月 (30)
7月 (31)
8月 (31)
9月 (30)
10月 (31)
11月 (29)
12月 (31)
2012年 (365)
1月 (31)
2月 (29)
3月 (30)
4月 (30)
5月 (31)
6月 (30)
7月 (31)
8月 (31)
9月 (30)
10月 (31)
11月 (30)
12月 (31)
2013年 (366)
1月 (31)
2月 (28)
3月 (32)
4月 (30)
5月 (31)
6月 (30)
7月 (31)
8月 (31)
9月 (30)
10月 (31)
11月 (30)
12月 (31)
2014年 (365)
1月 (31)
2月 (28)
3月 (31)
4月 (30)
5月 (31)
6月 (30)
7月 (31)
8月 (31)
9月 (30)
10月 (31)
11月 (30)
12月 (31)
2015年 (364)
1月 (31)
2月 (27)
3月 (31)
4月 (30)
5月 (31)
6月 (30)
7月 (31)
8月 (31)
9月 (30)
10月 (31)
11月 (30)
12月 (31)
2016年 (365)
1月 (31)
2月 (28)
3月 (31)
4月 (30)
5月 (31)
6月 (30)
7月 (31)
8月 (31)
9月 (30)
10月 (31)
11月 (30)
12月 (31)
2017年 (294)
1月 (31)
2月 (28)
3月 (31)
4月 (30)
5月 (31)
6月 (30)
7月 (31)
8月 (31)
9月 (30)
10月 (21)

アクセスカウンタ
今日:2,033
昨日:5,122
累計:7,201,621