栄町ヤマト薬局 - 2017/05/16

漢方薬局の日常の出来事




2017年05月16日(Tue)▲ページの先頭へ
確率
 どう考えても、相談されているトラブルの原因は他にはない。ただ、現代には珍しい善意のおせっかい焼き屋さんは、それはないと言う。ないと言われたら仕方ないから、その唯一の前提をないものとして漢方薬を作る・・・なんてことはしない。強情でも自信過剰でもない。田舎で処方箋に依存しないでごく普通の薬局が生き残ったのは、ただひたすら薬が効くことを願って勉強してきたからだ。薬と言うものはしばしば僕は引用するが、買ってもらったテレビが必ず映るのとは違って、効かない可能性も高い。いわば可能性にお金を使ってもらうのだ。だから僕はその可能性を少しでも高めたかった。そうしないとお金をいただくことに後ろめたさが付きまとう。そんなことは僕はしたくなかった。だから、常によく効く薬を求めて先人に教えを乞い、実践し確かめた。
 と言う長い理由から、僕は自分の経験を優先して「必ず大量の水分を摂っている」人の漢方薬を作った。おせっかい焼き屋さんは、そんなに摂る人ではないと言ったが、それではその相談の症状が起こりえない。
 単なるおせっかいだから漢方薬を本人が飲むかどうか分からない。だから3日分持って帰ったが、職場に着いた頃電話がかかってきて、実は朝2リットルの冷たい水を買い、1日で飲んでしまうと教えてくれた。本人に確認したのか思い出したのか分からないが、僕の前提条件に合致する。病気にも必ず理由がある。それを取り除かなければ、いたちごっこにもぐらたたきだ。僕はどちらも好きではなく、自分が病気になったら根本的に治りたい。そしてその不調とバイバイしたい。この年齢になっても同じだ。まだ不調と同居はしたくない。
 と言う理由で、僕の独断で作った漢方薬が正しかったということになる。となると効果も出やすい。その後どうなったか分からないが、せめてこれだけの裏づけがあれば、効かなかったときの僕自身の落ち込みのレベルが違ってくる。このように情報を信用できないときは、自分の判断を優先したほうがいいこともある。安易に妥協せずに、効く確率を追及したほうが患者さんのためになる。
 若い薬剤師には難しいかもしれないが、いたずらに迎合しないのはこちらの精神状態にもいい。仕事が楽しくないと効く確率は上がらない。全てがこのためだ。


   


漢方薬を初め天然素材の薬を用いて、さまざまな慢性疾患の回復をお手伝いします。
お店のホームページ
お問い合わせフォーム

☆★汗・臭いの気になる方はコチラ★☆

☆★ FAXで漢方相談 ★☆
※漢方のご相談は「漢方相談FAX用紙」を印刷し、ファックスもしくは郵送でヤマト薬局までお送りください。

新着エントリ
(10/23)
偶然 (10/22)
神輿 (10/21)
授業 (10/20)
性善説 (10/19)
勉強会 (10/18)
喪失感 (10/17)
(10/16)
動機付け (10/15)
揶揄 (10/14)

新着トラックバック/コメント
9880円 (10/20)
写真 (10/11)
高松 (10/11)
後姿 (10/11)
ベース (10/10)

■店舗名■
有限会社 栄町ヤマト薬局

■住所■
〒701-4302
岡山県瀬戸内市 牛窓町牛窓4808-3

■連絡先■
[TEL] 0869-34-5466
[FAX] 0869-34-6017
[E-mail] ご相談はこちら
[URL]

カレンダ
2017年5月
 
16
     

アーカイブ
2006年 (266)
4月 (25)
5月 (29)
6月 (31)
7月 (30)
8月 (31)
9月 (29)
10月 (31)
11月 (30)
12月 (30)
2007年 (354)
1月 (31)
2月 (28)
3月 (30)
4月 (31)
5月 (30)
6月 (30)
7月 (31)
8月 (31)
9月 (30)
10月 (22)
11月 (29)
12月 (31)
2008年 (366)
1月 (31)
2月 (29)
3月 (31)
4月 (30)
5月 (31)
6月 (30)
7月 (31)
8月 (31)
9月 (30)
10月 (31)
11月 (30)
12月 (31)
2009年 (364)
1月 (31)
2月 (28)
3月 (31)
4月 (30)
5月 (31)
6月 (30)
7月 (31)
8月 (31)
9月 (30)
10月 (31)
11月 (29)
12月 (31)
2010年 (364)
1月 (31)
2月 (28)
3月 (31)
4月 (30)
5月 (31)
6月 (30)
7月 (31)
8月 (31)
9月 (30)
10月 (30)
11月 (30)
12月 (31)
2011年 (364)
1月 (31)
2月 (28)
3月 (31)
4月 (30)
5月 (31)
6月 (30)
7月 (31)
8月 (31)
9月 (30)
10月 (31)
11月 (29)
12月 (31)
2012年 (365)
1月 (31)
2月 (29)
3月 (30)
4月 (30)
5月 (31)
6月 (30)
7月 (31)
8月 (31)
9月 (30)
10月 (31)
11月 (30)
12月 (31)
2013年 (366)
1月 (31)
2月 (28)
3月 (32)
4月 (30)
5月 (31)
6月 (30)
7月 (31)
8月 (31)
9月 (30)
10月 (31)
11月 (30)
12月 (31)
2014年 (365)
1月 (31)
2月 (28)
3月 (31)
4月 (30)
5月 (31)
6月 (30)
7月 (31)
8月 (31)
9月 (30)
10月 (31)
11月 (30)
12月 (31)
2015年 (364)
1月 (31)
2月 (27)
3月 (31)
4月 (30)
5月 (31)
6月 (30)
7月 (31)
8月 (31)
9月 (30)
10月 (31)
11月 (30)
12月 (31)
2016年 (365)
1月 (31)
2月 (28)
3月 (31)
4月 (30)
5月 (31)
6月 (30)
7月 (31)
8月 (31)
9月 (30)
10月 (31)
11月 (30)
12月 (31)
2017年 (296)
1月 (31)
2月 (28)
3月 (31)
4月 (30)
5月 (31)
6月 (30)
7月 (31)
8月 (31)
9月 (30)
10月 (23)

アクセスカウンタ
今日:807
昨日:5,341
累計:7,210,945